従業員満足度調査の情報をチェック【モチベーションアップ】

外国人に対応するには

旅行鞄

様々な方法

東京や大阪など都市圏と中心に訪日外国人観光客の数は年々増えてきています。2020年の東京オリンピックに向けてこれからさらに増えるでしょう。観光客は都市圏に留まらず、公共交通機関を使い地方にまで足を延ばし、地方の消費の面でも地域活性化として外国人によるインバウンド需要は重要になってきています。しかし都市圏に比べ地方のインバウンド対策は遅れているようです。急増する外国人観光客に対してこの需要を取りこむにはどうすればよいのでしょうか。まず重要なことは地域間の人同士の連携です。日本人向けでも重要ですが外国寺内手にインバウンド需要を取り組むとなるとさらに広範になります。官民が協力してインバウンドに取り組む意義や今後の営業方針を協議したり、店舗の従業員に向けて研修を行うなど、意思の統一を図ることから始まるのです。特に実際に対応にあたる店舗の従業員向けの研修でネックになることが言葉の壁です。外部から外国語講師を呼んだり自主的に勉強する以外にもタブレット端末を普及させる方法もあります。端末の翻訳機能はかなり正確に翻訳、発音をしてくれるようになり、観光客相手に意思疎通を図るくらいなら十分に対応できます。英語や中国語以外にも対応しているのでタブレット一つであらゆる国の言語に対応できます。タブレットとある程度の英語力があれば、外国人の案内をすることもできます。実際地域内の高齢者がこれらを使い、外国人相手に観光スポットのガイドをボランティアで行っている例もあるのです。

Copyright© 2018 従業員満足度調査の情報をチェック【モチベーションアップ】 All Rights Reserved.